婚活で持病はいつ話す?病気を隠してはいけない?結婚相談所ではどう対応している?

持病はいつ話すべき? 婚活全般

持病を持つ方の婚活はとても難しく、デリケートな問題です。

慢性的な病気を持つ事で、活動の進め方に悩む人はたくさんいます。

しかしながら持病を持っていても、無事に結婚できた人はたくさんいます。

婚活の時には、持病とどう向き合えばよいのでしょうか。

【IBJメンバーズ】

持病があると婚活に不利になる

残念ながら、慢性的な病気を持っていると婚活に不利なのは事実です。同じ条件の女性がいたとして、

  • 健康な人
  • 持病のある人

あなたの立場ならどちらを選ぶでしょうか。ただでさえ婚活は先の見えない不安な世界です。

みんな不安を抱えながら結婚する

多くの独身男女にとって、結婚とは未知の世界です。

少しでも不安要素を排除するために、健康な相手を求めるのは自然な発想なのかもしれません。

『病気を隠して結婚』はすすめない

「病気を隠して結婚」は勧めない

病気のことは結婚前に話しておこう

婚活を有利に進めるために、「持病は隠すべきだ」という人もいます。

持病を話すと婚活で不利になる!病気は隠して、結婚後に伝えるべき!

この意見も一理あります。持病を隠す方が、婚活を有利に進められるのは間違いありません。

しかし私は今後信頼関係を保つためにも、病気のことは結婚前に話しておくべきだと考えます。

何より「秘密を隠していた」と思われるのはお互いにとって辛いことです。隠したくなる気持ちはあっても、事前に話す方がフェアです。

どのタイミングで持病の事を伝える?

持病の事を伝えるべきなのは分かったけど、じゃあどのタイミングで話せばいいの?

結論としては病気の事を伝えるタイミングに、はっきりとした正解はありません。

どのタイミングで話しても相手は驚き、身構えるでしょう。

  • 病気の症状
  • 相手との信頼関係
  • 相手の持病に対する捉え方

以上のような要素があり、非常に悩ましい問題です。

あえて言うと、あなたが話したいタイミングで、話せる範囲を話すべきです。

私の結論:結婚を意識したタイミングで話すべき

繰り返しになりますが、持病をカミングアウトするタイミングに明確な答えや経験則はありません。

曖昧な答えだな!いいから一番良いタイミングを教えてくれ!

とはいえ上記のように思う方もおられるでしょう。私だったら結婚を意識したタイミングで話します。理由は下記の2つです。

  1. 不特定多数に持病の事を知られたくない
  2. 最初に話すと”足切り”される

①不特定多数の人に持病の事を知られたくない

私は自分の事をオープンに話すタイプではありません。

持病のことをわざわざ職場の同僚や友人・知人に知られることを望んでいないです。

婚活の中でいろんな人に持病のことを話して、もし知り合いに持病のことが知られたら困ります。

②いきなり話すと”足切り”されやすい

出会っていきなり持病のことを伝えると、露骨に避けられます。これはいくら高年収でイケメンの人であっても同じです。

病気の事を伝えない場合のモテ度を10とすると、伝えた場合のモテ度は2~3くらいまで落ちます。

しかし結婚を意識するくらい親しくなってからカミングアウトすれば、関係をバッサリ切られる確率は減るでしょう。

結婚相談所ではどのような対応をしているか

結婚相談所の病気への考え方

婚活の王道である『結婚相談所』でも、やはり同じ悩みを抱える人はいます。

あなたが今相談所で活動していなくても、同じ悩みを持つ人の考え方は参考になるでしょう。

結婚相談所にも持病を持つ人はたくさんいますが、もちろん成婚する人はいます。

  • 人柄
  • ルックス
  • 年収
  • 職業
  • 健康状態

持病を含めた様々な要素で、総合的に相手を判断する人が多いです。

結婚相談所ではプロフィールで嘘をつけない

まず前提として、結婚相談所では入会時に各種証明書の提出が必須となっています。

例えば年収を高く書いた方がモテる訳ですが、そんな嘘を書かれたら困るからです。

そのため例えばマッチングアプリのように、プロフィールで嘘をつく事ができません。

提出する証明書の一例
  • 住民票
  • 独身証明書
  • 在職証明書
  • 所得証明書
  • 卒業証明書
  • 資格証明書

結婚相談所の会員は全員が将来的に結婚する事を望んでいるので、嘘をつかれると大問題になりますからね。

それでは持病についても診断書の提出が必要かというと、現在は明確なルールが決まっていない所が多いです。

結婚相談所によって対応はバラバラ

繰り返しになりますが、多くの相談所団体は病気に対して明確なルールを設定していません。そのため結婚相談所によって対応はバラバラです。

最近は個人情報保護の観点から、『絶対にプロフィールに書け』とは言わないのです。

そのため病気の申告は、本人と相談所の仲人へ判断が委ねられます。

『プロフィールに堂々と書くのが筋である』派の意見
結婚相談所では重要な情報を事前に伝えるのが筋だ。
隠すのは双方にとって時間の無駄になる。
『真剣交際へ進む前には話すべきである』派の意見
せめて結婚を前提とした交際をする前には話しておくべきである。
それ以降に話すと精神的・時間的にダメージが大きくなる。
『隠し通して、結婚後に話すべきである』派の意見
病気のことを伝えるとお見合いを組めなくなり、いつまで経っても成婚できない。
結婚するまで隠し通すべきだ。

どの意見も一長一短です。ただ明確なのはプロフィールに持病の事を書くと、申し込み数が露骨に減ります。

「不健康な人より健康な人の方が良い」は自然な考えだからね・・。

婚活について知識・経験が豊富な結婚相談所の仲人でも、はっきりした答えはありません。

持病は重大な個人情報

自分を悩ませる病気の事を、日常生活では隠している人がたくさんいます。

持病の情報は、他の人に知られたくないよね。

相談所のプロフィールに記載すれば、会員限定とは言え多数の人に知られる事になります。

万が一知人が入会していたら、そこから周囲に情報が漏れるかも知れません。

真剣交際に進む直前に告白するのが妥当?

以上のことを踏まえて、私なら真剣交際に進む前あたりに病気の事を話します。

何度かデートを重ねて、信頼ができた相手にだけ持病を告げるのが良いでしょう。

実は私も、真剣交際に進む直前に持病の告白を受けたことがあります。

私

真剣交際に進むと別れるのが大変なので、このタイミングは妥当だと思います。

そのお相手とはいろいろあって交際終了しましたが、病気の事を告げられるには良いタイミングだったと思います。

実は私も持病持ちです

私も持病持ちです

真剣交際中に病気が発覚

ここまでいろいろ言ってきましたが、実は私も結婚相談所での活動中に重い病気にかかりました。

結婚を前提とした『真剣交際』の期間中に、耳に病気がある事が発覚したのです。

病気のショックに加えて、「結婚が破談になったらどうしよう」という不安に襲われました。

交際相手には正直に打ち明けた

とても落ち込みましたが真剣交際中という事もあり、交際相手とその両親には正直に伝えようと考えました。

私

『病気のことを隠して結婚』という選択肢は無かったですね。

当然ながらかなり心配はされました。そのため『もし病気が悪化しても、問題無く働く』という趣旨の説得を行いました。

結果的には納得して頂き、めでたくゴールインして現在に至ります。

無事に結婚、でもやっぱり心配

結婚したとはいえ、以下のような心配事は、完全に解決した訳ではありません。

  • 婚約相手やその両親が、病気の事を心配している
  • 自分自身も、本当に家族を支えていけるのか心配している
私

病気との付き合いは結婚後も続いています。結婚はゴールではなくスタートだね。

現在健康な人も、早めに婚活を始めるべき

婚活期間中に病気になった私ですが、下記の教訓を得ました。

  • いつまでも婚活に集中できる訳ではない
  • 現在健康な人も、早めに婚活を始めるべき

婚活は、時間・お金・気持ちに余裕が無いとできません。

婚活に集中できる人は、とても幸せな人です。しかし生活環境の変化は、ある日突然やってきます。

  • 病気の発症
  • 親の介護
  • 職場環境の変化(転勤、転職など)

ゆとりある生活ができる環境に感謝しつつ、早めに婚活を始めてましょう。よければ下記の記事も参考にしてください。

男性に早めの婚活を勧める理由

負い目に感じすぎないこと

自信を持って堂々と活動しよう

誰だって病気になる

病気は誰にでも起こりうることです。今は健康な人も、10年後も健康である保証はありません。

だから持病の事について、過度な引け目を感じるのはやめましょう。負い目に感じすぎて、婚活が消極的になるのは良くないパターンです。

私

せっかく婚活をするんだから、楽しまないとね!

諦めずに続けていれば、きっとあなた好きになってくれる相手が現れます。

最悪の場合を恐れても仕方ない

病気の悪化や子供への遺伝を恐れて、結婚に消極的な気持ちになるかもしれません。

最悪のケースを恐れず、今を楽しい気持ちで過ごす事も大事です。

「戦争が起こったらどうしよう」と考えますか?

もし明日、「日本で戦争が起こったらどうしよう」と心配する人は少ないでしょう。

しかし現実には世界中で戦争が起こっていて、日本でも戦争が起こる可能性はあります。

このように確率が低い、最悪の場合を心配しても問題は解決してくれません。

何でもかんでも心配していては、楽しくないですよね。前向きな気持ちも大事です。

心配しすぎず、気楽に婚活する

病気は他の人に相談しても、そう簡単に解決できません。持病は他の人が思う以上に辛い思いを抱えるものです。

あなたも持病のことで頭がいっぱいかもしれません。しかし気持ちがネガティブでは、上手くいくものもいかなくなります。

私

ご縁があればラッキー、無ければしょうがないかな。

上記のように考える方が、案外良いお相手が見つかったりします。

今時は結婚しないのも選択肢ですから、気楽に婚活を楽しむ気持ちで挑みましょう。

持病と上手に付き合って、婚活を楽しもう

持病と上手に付き合おう

持病と結婚は切っても切れない関係です。結婚とは生活そのものだからです。

病気は生活に影響を与えますから、パートナーとしては気にするのが当然かもしれません。

しかし持病があっても、結婚している人がたくさんいるのも事実です。

せっかく婚活をするなら、楽しまないとね!明るく楽しそうな人の方がモテるよ!

最近は病気や障害を持つ人を対象とした婚活情報も充実しており、諦める事はありません。

病気はつい暗い気持ちになってしまいますが、前向きな気持ちで頑張りましょう。

短期間で成婚したい方には、結婚相談所での活動がおすすめです。

IBJメンバーズなら会員数も多く、たくさんの出会いがありますよ。興味のある方は一度、無料カウンセリングを受けてみましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました