田舎暮らしの婚活は難しい!|出会いがないから結婚も無理?地方民が不利な理由と対策

田舎は婚活に不利?

『うちは田舎だから出会いが無い』『婚活をしてもタイプの異性に会えない』と悩んでいませんか?

田舎は人口が少なく、都市部に比べて出会いのチャンスが少ないのは事実です。デートのバリエーションも少なく、恋愛に苦戦するのは間違いないでしょう。

婚活犬

そうは言っても、婚活のために都会へ引っ越すことなんてできないよ!

それでは田舎暮らしの人は、どのように婚活を進めるべきでしょうか。

結論としては、地方に住む人には結婚相談所がおすすめです。会員数が日本最大級のIBJ(日本結婚相談所連盟)に所属する相談所で活動しましょう。

業界最大級!会員数は約80,000名

目次

田舎→都市部へ移住して思うこと

私は関西の田舎で育ち、大阪へ移住しました。そこで強く感じたのは、婚活は都会の方が圧倒的にやりやすいという事です。

  • 出会いの数が多い
  • デートスポットが充実している

この辺り、田舎に住む人は強く感じていると思います。

婚活猫

とはいえ、仕事もあるのに移住なんて気軽にできないよ・・。

とはいえ婚活のためだけに引っ越すわけにはいきません。現実的には、今の環境で勝負するしかないのです。

地方在住者の婚活が難しい理由

地方の婚活は難しい

独身人口が少なく、出会いが無い

人口の少ない田舎へ行くほど、独身人口も減ります。私は関西で婚活を行っていたので、一例として関西の人口を比較します。

関西の人口比較

単純に総人口=婚活人口として考えると、大阪府と和歌山県で差は約9倍となります。

同じマッチングアプリを利用する場合でも、大阪の方が和歌山より9倍も会員がいる訳です。

都市部と地方で同じやり方をしては、とても上手くいきません。

タイプの女性に出会えない

婚活人口が少なければ、タイプの異性に出会える可能性も減ります。

婚活をどれだけ頑張っても、自分好みのお相手がいない事も多々あるでしょう。

マッチングアプリを始めても、ずっと同じメンバーが在籍し続ける事もしばしばあります。

婚活の経験が積めない

婚活はある程度数をこなすことでデートやエスコートのコツがつかめます。しかし出会いが少なければ、恋愛経験が充分に積めません。

都市部は毎日新規会員が入会する

私は関西を拠点にマッチングアプリや結婚相談所で婚活をしていました。

大阪は毎日のように新規会員が入会する一方、奈良や和歌山の女性はごく少数でした。

例え失敗しても、次々と新規会員がやって来る訳です。田舎ではそんな訳にはいきません。

デートのバリエーションが少ない

田舎ではデートスポットの選択肢に限りがあります。例え車を所有していたとしても、地域によっては出かけるお店が少ないです。

マンネリ化を引き起こすため、2回目や3回目のデートでフラれてしまう事も増えます。

告白やプロポーズに適切な場所が少ない

田舎には告白やプロポーズといった恋愛の勝負所で、良い雰囲気を演出できる場所がありません。

  • 夜景が綺麗なスポット
  • 雰囲気の素敵なレストラン

いわゆる「定番のスポット」が無いのです。そのため良い雰囲気の場所を自分で探さねばならず、余計な苦労が必要になります。

婚活イベントが少ない

  • 婚活パーティー
  • 婚活サークル
  • 街コン

都市部では上記のような婚活イベントが豊富に存在します。しかし地方ではなかなか開催されません。

単純に参加者が少ないので、地方ではイベントを開く回数も少ないのです。

また結婚相談所・マッチングアプリは全国展開されているものもありますが、実際に出会える人数は都市部と比べてとても少ないです。

とはいえ都市部が有利とは限らない

選択肢が多いと悩む

都会はライバルも多い

確かに都市部には異性の数も多いです。しかし同時に、同性のライバルもたくさんいます。

いくら出会いがあっても結局は、自分に見合う条件のお相手としか結婚できません。

都会で活動したって、自分に不釣り合いな美人と結婚できる訳じゃないんだね。

選択肢が多いと迷う

私は数百人の異性と出会いましたが、たくさん出会えたら良いというものでも無いと思います。

選択肢が多いことは、本当に幸せなのでしょうか?婚活業界にはもっともっと病という病気があります。

もっともっと病とは?

より条件の良い相手に出会おうとして、いつまでたっても婚活が終わらず長期化する現象です。

男性

もっと婚活を続けたら、もっと良い相手に出会えるかもしれない・・。

実際に長期間婚活を続けていれば、それだけ良い相手と出会う確率は高まります。しかしいろんな人と出会いすぎて、結局誰と結婚すれば良いのか分からなくなるのです。

出会いの多い人ほど『もっともっと病』になりやすく、意外に婚活で苦戦します。

田舎暮らしの恋愛で成功するには?

田舎での婚活を成功させるには?

田舎の婚活には車が必須

都市部なら駅前で待ち合わせて、徒歩圏内のデートスポットへ行けます。田舎の場合は残念ながらそんなことができません。田舎デートにはマイカーが必須です。

とはいえ短所は長所にもなります。ドライブデートは、二人きりの空間が演出できるので婚活にはピッタリです。

様々な婚活にチャレンジしよう

田舎は出会える人数が少ない分、あなたの方から手数を打たないといけません。

  • 結婚相談所
  • 婚活パーティー
  • マッチングアプリ
  • 婚活サイト
  • 社会人サークル

上記のようないろいろな婚活に挑戦して、手応えのある方法を見つけて下さい。

隣県のお相手とも会う

隣県や都市部の異性とも積極的に出会いましょう。田舎に住む人は、いくらハイスペックでも婚活に苦しみます。

とはいえあなたに魅力があれば、遠方のお相手もきっと振り向いてくれます。

遠方の方と会うときは、相手にとって都合の良い場所・時間帯を考えてあげましょう。

少ないチャンスを活かす

田舎では出会えるお相手は限られます。出会ったお相手に少しでも良い所があれば、その人と結婚する覚悟を持ちましょう。

でもこの考え方、都会に住む人にとっても大事です。

相手の良い所を積極的に探さないと、一生婚活する事になるよ!

『ローカル婚』にも、結婚相談所がおすすめ

婚活なら結婚相談所!!

住む場所が田舎でも都会でも、結婚相談所で活動するのがおすすめです。

場所がどこであれ、最短で結婚するなら相談所が一番です。

結婚するには最短ルートとなる

結婚相手と出会うには、結婚したいと考える異性と出会う必要があります。

その点結婚相談所は、本当に結婚したい人しか活動できない仕組みになっています。

  • 活動費用が高額
  • 仲人が目を見張らせている
  • 各種証明書の提出が必須(嘘がつけない)

いくら都会であっても、結婚相談所より優秀な環境は存在しません。

県外の人ともお見合いが可能

結婚相談所には日本全国に会員がいます。近隣の都市部を含めて、県外のお相手ともお見合いが可能です。

私の知人は関西に住んでいましたが、関東の相手と結婚しました。真剣に結婚を望むからこそ、遠方の人も恋人候補となります。

婚活犬

マッチングアプリやパーティーでは、遠方の相手と会うのは難しいよね。

『オンラインお見合い』も活用しよう

近年はコロナウイルスの影響により、『オンラインお見合い』が普及しました。

この変化は田舎の人間にとっては、有利に働きます。遠方のお相手とも気軽にお見合いができる訳です。

ピンチはチャンスということですね。上手に活用して、婚活を有利に進めましょう。

IBJに所属している相談所がおすすめ

男性

結婚相談所ってたくさんありすぎて、どこに入会したらいいか分からないよ・・。

結婚相談所って実は日本全国たくさんあります。その中で、どのような相談所を選べばよいのでしょうか。

地方在住者が結婚相談所で活動するなら、できるだけ会員数の多い結婚相談所へ入会するべきです。

具体的には、IBJ(日本結婚相談所連盟)に所属する結婚相談所へ入会するのがおすすめです。

協会名所属会員数
IBJ(日本結婚相談所連盟)8万人
JBA(日本結婚相談協会)5.2万人
BIU(日本ブライダル連盟)5万人
全国結婚相談事業者連盟4.2万人
Rnet(良縁ネット連盟)4万人
NNR(日本仲人連盟)1.4万人
JMN(株式会社日本成婚ネット)非公表
主な結婚相談所の連盟と会員数

上記の通りIBJの会員数は日本最大級なので、それだけ出会いも豊富です。会員数の少ない連盟だと、『お見合いが組めない』という状況もよくあります。

せっかく高い費用を払って入会したのに、出会えないなんて最悪だからね!

(参考)結婚相談所は連盟に所属する

結婚相談所の仕組みは複雑なので、補足で説明しておきます。まず結婚相談所は日本中で無数に存在しています。

小規模な結婚相談所だと、会員が数人~数十人程度しかいません。この規模では相談所内でお見合いを組み、カップルを成立させるのは困難です。

そこで多くの結婚相談所は他の相談所と集まり(連盟や協会)を作っています。

結婚相談所の仕組み

こうすることで他の結婚相談所とつながりを作り、互いの会員がお見合いを組むことができます。

この仕組みにより、結婚相談所の規模によらず多くの会員と出会えます。

繰り返しになりますが、私のおすすめは所属会員数が最も多いIBJ(日本結婚相談所連盟)です。

IBJに所属する結婚相談所の中でどれか1つおすすめを挙げるなら、IBJメンバーズです。

私も実際に活動しましたが、とても満足しています。

『地元婚活』は難しい。自分に合った方法を見つけよう!

田舎婚活は難しい!限られたチャンスを活かそう

いかがだったでしょうか。今回の結論は以下の通りです。

  • 地方在住だと出会いが少なく、婚活には不利。
  • 都市部の方が出会える人数は増えるが、その分迷いも増える。
  • 住む場所がどこであれ、成婚したいなら結婚相談所へ入会するべき。

もちろん都会へ引っ越せるならその方が良いでしょう。ですが現実には仕事や家族の事があるので、婚活のためだけに都会へ引っ越す訳にはいかないはずです。

田舎暮らしでも工夫を凝らせば良い出会いはあります。現在の環境でベストを尽くしましょう。

まずは無料カウンセリングから!

コメント

コメントする

目次
閉じる