婚活市場が男性不足とのウワサは嘘?本当?結婚相談所は女性余り?【男性撤退】

婚活業界は男性不足?

婚活サービスを利用していると、明らかに男女の比率が均等ではない事があります。

どうせなら異性がたくさんいる所で活動したいですよね?それでは一般的には男女どちらが多いのでしょうか?

私は7年間も婚活を行い、様々な婚活サービスを利用してきました。その肌感で話をします。

  • 結婚相談所では女性の比率が多い
  • それ以外の婚活サービスでは男性の比率が多い

もちろん私の経験則だけでなく、データ上もこれと同じです。一般的には異性が多く、同性のライバルが少ない方が活動を有利に進められます。

そのため『男性は結婚相談所で活動すると有利、それ以外の婚活サービスだと不利』と言えます。

ということで真剣に結婚相手を探す男性であれば、結婚相談所へ入会するのがおすすめです。

まずは無料カウンセリングから!

目次

マッチングアプリや婚活パーティーは男性余り

アプリやパーティーは男性余り?

利用者の多い婚活アプリや婚活パーティーの世界では、圧倒的に男性が多いです。

遊び目的での参加者が多いアプリやパーティーでは、男性の参加者が多くなります。『女性を呼び込み、男性で稼ぐ』という収益モデルです。

下記の通り婚活パーティーでは女性が優遇されており、男性の扱いはヒドイものです。

  • 参加費用は女性が無料~1000円程度なのに対し、男性は5000円程度が相場
  • 男性が荷物を持って席を移動させられる
  • 男性側から話しかけるよう促される

残念ながらアプリやパーティーでは女性の参加者が少なく、大事に扱われているのが実情です。男性の参加者が多く、女性の参加者が少ないのは下記の理由からだと考えられます。

  1. 遊び・体目的で参加する男性が多い
  2. 恋愛に受身な女性が多い

遊び・体目的で参加する男性が多い

ではなぜ男性参加者ばかり多いのでしょうか?それはアプリやパーティーには遊びで参加する男性がたくさんいるからです。

ヤリモク君

結婚なんてするつもりはないね。一発ヤレればそれでOK!

99.9%の男性は「ワンナイトラブがあればいいな・・。」とひっそり期待しているはずです。

逆にワンナイトラブが目的の女性って、私は(あんまり)見たことがありません。

世の中にはそんな女神がいるのでしょうか。

そのため多くの場合、男性参加者が女性参加者よりも多くなります。

その結果男女の参加人数を合わせるために、男性の参加費用が高くなるのです。

恋愛に受身な女性が多い

女性は男性と比較して、恋愛に受身な人が多いです。

女性

自分から積極的にアプローチするのは恥ずかしいな。

そのため能動的にアプリやパーティーするくらいなら、『別に彼氏がいなくてもいいや』となる人が多いです。

加えて男性に比べて女性は気持ちが熱しにくく冷めにくいという傾向があります。

初対面の男性に対して『どうしても付き合いたい!』と思うほど気持ちが盛り上がりにくいです。

そのためたとえ婚活アプリやパーティーに参加しても、『せっかくだから誰かとカップリングしよう』という意識が薄いのです。

チェックポイント

気軽にできる婚活アプリ・パーティーは、男性参加者が多い。

結婚相談所は女性余り

結婚相談所は女性余り?

一方で結婚相談所では男性が不足しています。そのため男性が有利に活動を進めやすい環境と言えるでしょう。

パーティーやアプリとは違い、活動費用も男女でほとんど差がありません。

結婚相談所の男女比

大手結婚相談所の男女比率はおおよそ下記の通りです。

結婚相談所男性女性
IBJメンバーズ47%53%
ツヴァイ49%51%
オーネット 60%40%
パートナーエージェント45%55%
エン婚活エージェント 49%51%
大手結婚相談所の男女比率

オーネットこそ男性の割合が多いですが、全体的には女性会員の方が多い事が分かります。

30代以降は男性が有利

結婚相談所は男性にとって婚活が進めやすいです。それを証明するために『年齢に対する成婚率』というデータを見てみましょう。

会員数が約8万人と業界トップである、日本結婚相談所連盟(IBJ)からデータを引用します。

ibjより年齢と成婚しやすさの関係
引用元:IBJ(日本結婚相談所連盟) 2019年度版成婚白書

このデータから分かる事としてまず、婚活の世界では20代の女性が非常に人気です。

20代はもちろん、50代や60代の男性も本音では20代の女性と結婚したいですからね。

おじさん

やっぱり若い女の子と結婚したいなあ。無理だろうけど・・。

しかし30代以降は全ての年代で、男性の方が女性よりも結婚しやすい事が分かります。

言い換えると30代を境に、男性は結婚相談所で有利な立場となる訳です。真剣に結婚を望む場所になると、『男性が婚活しやすい』環境になります。

20代女性も楽じゃない

結婚相談所においても、20代女性はとても人気があります。しかし楽勝とも言い切れません。

というのも、そもそも20代は男性の会員数が少ないのです。女性ほど結婚を焦っていませんからね。

20代女性

同年代の相手と結婚したいのに、若い男性会員がいない・・。

そのため始めた当初は同年代と結婚するつもりの女性も、30代以上の男性とお見合いをしたりします。20代女性もそれなりに苦労しているのです。

経験的には20代男性もモテる

男女問わず、婚活は基本的に若いほうが有利です。結婚相談所は他の婚活サービスと比較して年齢層が高いですが、20代男性にもおすすめです。

  • 20代男性は入会者が少なく、同年代のライバルが少ない
  • 一方で20代の女性会員は多い

男性の場合、20代でわざわざ結婚相談所に入会する人は珍しいです。だからこそ穴場といえます。

私も20代の頃から結婚相談所で活動していましたが、実は絶え間なく女性とお見合いが組めました。私の実感としては、結婚相談所は20代男性にとって婚活しやすい環境です。

チェックポイント

真剣な出会いを求める結婚相談所では、女性参加者が多い。

結婚相談所に男性が少ない理由は?

それではなぜ結婚相談所には男性が少ないのでしょうか。その理由は主に以下の4点が考えられます。

  1. 女性の方が結婚願望が強い。
  2. 男性の方が結婚への負担が大きい。
  3. 男性は高スペックを求められ、入会条件が厳しい。
  4. 遊び目的の男性が排除される。

①女性の方が結婚願望が強い

一般的には男性よりも女性の方が結婚願望が強いです。

女性

結婚して、仕事を辞めて専業主婦になりたい。結婚式も憧れる。子供も産みたいな・・。

特に女性は『出産のタイムリミット』というシビアな現実があるため、結婚を焦る人は多いです。

一方で男性は結婚を焦らない人も多く、40代以降になってようやく婚活を始める人もたくさんいます。

女性のゴールデンタイムは28歳~32歳

結婚相談所において、女性が1番モテるのは28歳~32歳です。20代・30代はもちろん、40代や50代の男性からも申し込みが大量に来ます。

20代前半は若すぎて、逆に年上からの申し込みが減る事が多いです。

②男性の方が結婚への負担が大きい

男性

結婚したら、嫁と子供を経済的に支えていかないといけない。
精神的にも経済的にも、家族の中心として頑張らないと・・。

残念ながら現代の日本社会では、男性の方が結婚への負担が大きくなりやすいです。もちろん『女性が楽だ!』なんて言うつもりはありません。

  • 名字が変わる
  • 出産や子育て、家事に追われる

上記のような点では、明らかに女性の負担の方が大きいです。とはいえ男性の結婚願望が乏しいのは、男性の方が負担が大きいと考える人が多いからでしょう。

結婚そのものがデメリットだと考える男性も多く、生涯未婚率は年々上昇しています。

③男性は高スペックを求められ、入会条件が厳しい

男性は入会条件が厳しい

男性の場合は女性よりも入会審査が厳しく、入会を断られるケースがあります。

男性は将来的に家族を養う事が想定されるため、下記の条件では入会を断る結婚相談所もあります。

  • 年収が低い
  • 定職に就いていない

一方で女性には専業主婦という選択肢があるため、年収が低くても入会できます。年収で足切りする事により、必然的に男性の入会者が少なくなります。

④遊び目的の男性が排除される

マッチングアプリ・パーティーではウヨウヨいた遊び目的の男性も、結婚相談所には全くいません。

  • 仲人が監視しているので下手なことはできない
  • 遊びとしては活動費用が高すぎる
  • 婚前交渉は成婚退会扱いになり、数十万円もする成婚料を支払わされる

上記のような理由から、遊び目的では割に合わないのです。『真剣に結婚したい』という人しか参加できません。

自分の市場価値が高い場所で勝負しよう

自分がモテる場所に行こう

有利な場所なら結果が得やすい

  • 婚活アプリ、婚活パーティーでは男性余り
  • 結婚相談所では女性余り

上記の現実を見て、あなたはどこで活動するでしょうか。あなたが『結婚願望のある男性』であれば、間違い無く結婚相談所で活動するべきです。

自分にとって有利な場所の方が、求める結果が得やすいからです。

一方であなたが遊び目的であれば、マッチングアプリやパーティーで活動する事をおすすめします。

結婚相談所は仲人が見張っているので、遊び目的の会員は退会させられます。

結婚相談所の入会が不安な場合は?

婚活猫

でも結婚相談所って仕組みがよく知らないし、会費が高額で不安だな・・。

仲人からサポートを受けて活動する結婚相談所は、活動費用が高額な所も多いです。

しかしIBJの加盟店オンライン結婚相談所なら、下表のように料金の安い相談所がたくさんあります。

会社名紹介可能会員数
(男女合計)
1年間の予算
(税込)
申込み・紹介人数
(1ヶ月あたり)
naco-do
ナコード
約121,000名205,000円31名/月
セブン結婚相談所
セブン結婚相談所
約180,000名236,000円50名/月
ウェルスマ
ウェルスマ
約80,000名210,200円30名/月

ベルロード
縁結びサポート
約80,000名194,600円30名/月
スマリッジ
スマリッジ
約30,000名125,400円14名/月
※1)1年間の総額:お見合いを1ヶ月に2回実施して、12ヶ月で成婚退会した場合の金額
※2)複数のプランがある場合には基本的なサービスを備えた人気プランで比較

いくつか気になる相談所をピックアップして、まず一度無料カウンセリングを受けてみましょう。

チェックポイント

真剣に結婚相手を求める男性は、結婚相談所へ入会しよう。

結婚を望む男性には、結婚相談所への入会がおすすめ

幸せな結婚生活を目指そう

いかがだったでしょうか。本記事の結論は下記の通りです。

  1. 婚活アプリ、婚活パーティーでは男性の参加者が多い。
  2. 結婚相談所では女性の参加者が多い。
  3. そのため結婚したい男性は、結婚相談所での活動がおすすめ!

あなたがどの年代であっても真剣に結婚相手を求める男性なら、結婚相談所での活動がおすすめです。

結婚相談所に興味のある方はまず一度、無料カウンセリングを受けてみましょう。あなたに良い出会いがある事を願っています。

まずは無料カウンセリングから!

コメント

コメントする

目次
閉じる